続・中国EC物流

株式会社T・K・S

047-407-0120

〒275-0022 千葉県習志野市香澄3-3-12

営業時間:8:30~18:00

ブログ1

続・中国EC物流

ブログ

2018/12/06 続・中国EC物流

お疲れ様です。

 

千葉営業所の大川です。

 

さて前回の続きです。

 

私の中で話題の中国の物流業界では10年程前まで

 

ほぼ空白だった市場があります。

 

それは「EC」エレクトリック・コマース

 

消費者の目線でいうところネットショッピングですね。

 

中国では顧客の急激な増加に伴い、EC業界も急成長を続けています。(分母が半端では無い)

 

そんなEC業界の盛り上がり真っ只中の中国で注目を浴びている企業があります。

 

それは、「京東集団(ジンドンしゅうだん)」

 

中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」

 

その運営をする母体、中国・小売業No.1の大手EC&小売インフラ企業です。

 

その京東集団が2018年10月18日より個人向け宅配サービス

 

「JD Express(京東宅配)」を開始したことを発表しました。

 

京東宅配は京東物流が構築する独自のEC物流網の強みを最大限に活用し、

(90%以上のEC注文を同日・翌日に配達、中国人口99%カバー)

 

集荷依頼はショッピングと同様に専用のアプリを使用しアプリ上で集荷予定を立てることにより、京東のフルタイムスタッフによって集荷

 

全ての荷物は自社スタッフで発送、オプションにより高速鉄道・空路等の利用も可能

 

さらには、最高級の専属配送サービスである「ホワイトグローブデリバリー」サービスなるものも開始

 

スーツと白手袋に身を包み特別な訓練を受けた配達スタッフが、電気自動車で消費者の自宅先まで商品を届けます。お客様の都合に合わせて細かく時間指定が可能で、返品時のピックアップサービスやブランドと連携したメンテナンスサービス等、ハイエンド商材のEコマースとしてふさわしい特別な配送体験を提供します。

※京東HPより抜粋

 

ホワイトグローブデリバリー・・・

 

ちょっと頼んでみたいです・・・

 

これらのサービスは主に都市部での需要をターゲットにしている思われます。

 

他にも、京東集団の日本法人である京東日本は、

 

同月5日に自社ドローンによる上海カニの配送を開始したと発表がありました。

 

京東日本によれば、9月より開始している上海蟹のドローン配送は、

 

最大飛行半径10km・最大積載量10kgのドローンを使用することで

 

禁漁期終了後の陽澄湖畔から京東の配送ステーションまで、

 

飛行時間約3分で上海蟹の輸送を行い、配送効率を上げることで、

 

消費者には今まで以上に新鮮な状態の上海蟹をお届けできる事になったとの事です。

 

おまけに蟹に付いているQRコードをスキャンすることで

 

産地・成長環境・品質・捕獲日等の情報を気軽に取得可能

 

上海蟹の扱いから漂う近未来感・・・

 

アイデアが行動力に直結し、さらには実現に至る勢いには驚きを隠せません。

 

EC大手の宅配参入・・・・空飛ぶ上海カニ・・・・

 

広大な大陸を舞台に繰り広げられる中国EC物流三国志から、

 

ますます目が離せませんね。

 

これからも中国EC物流の動向を注視していきたいと思います。

 

さてさて今日はこの辺で・・・・

 

12月も安全運転で参りましょう。

 

株式会社T・K・S
本社
住所 〒275-0022 千葉県習志野市香澄3-3-12
電話番号 047-407-0120
FAX 047-407-0121
—————————————————
千葉営業所
住所 〒260-0822 千葉県千葉市中央区蘇我1-31-3
電話番号 043-268-3456
FAX 043-268-3466
—————————————————
横浜営業所
住所〒260-0044 神奈川市保土ヶ谷区仏向町13-1クレストⅡ202
電話番号045-442-7074
FAX 045-442-7084

TOP