人的資源

株式会社T・K・S

047-407-0120

〒275-0022 千葉県習志野市香澄3-3-12

営業時間:8:30~18:00

ブログ1

人的資源

ブログ

2018/08/28 人的資源

おはようございます。

 

千葉営業所の大川です。

 

束の間の涼しさも過ぎ、予想通りの残暑・・

 

日本の夏は我々の期待を裏切りませんね。

 

今年の関東は梅雨もあやふやになるくらい6月末から暑かったような気がします。

 

もうじき8月も終わりますが、9月も暑い日が続きそうです。日々体調を整えていきましょう。

 

さて、話は変わりまして

 

今日は日本の抱える問題について、ちょこっと触れたいと思います。

 

少子高齢化という言葉

 

目にしないor耳にしない日の方が少ないですよね。

 

定年といえば60歳、その後は仕事から引退して年金生活に入る。

 

これが一般的なキャリアの流れという認識でした。

 

近年では、60歳を超えても働き続ける事が当たり前になっています。

 

その背景には公的年金の受給開始年齢が60歳から65歳へと段階的に伸びている事に加え、

 

少子高齢化に伴う労働力の確保というのが、大きな要因です。

 

わが国の労働力人口はピーク時の1998年から減少傾向にあります。

 

政府統計の労働力調査によると、

 

1998年 6793万人

 

2017年 6556万人

 

単純に考えるだけでも、ピーク時に比べて237万人の減少になります。

 

この減少傾向は今後も続く事が予想され、2030年には6180万人になる予想です。

 

総人口そのものが減ってしまっているので、仕方ない気がしますが・・

 

現在では人口構成の高齢化とともに急増する高齢者は有力な人的資源として期待されています。

 

政府が2013年に施行した改正高齢者雇用安定法が高齢者雇用にも大きな追い風になっています。

 

※ざくっと言うところ、60歳になった時点で継続的に勤務を希望する全ての社員を65歳まで雇用するための高齢者雇用確保処置の導入の義務

 

とはいえ現行の60定年制を維持する企業も大勢いるのが現状です。

 

そんな中、物流でも活躍するレンゴーさんは来年4月から定年を65歳に引き上げると発表がありましたね。

 

弊社でも現時点で契約稼働している方の最高年齢は69歳です。

 

体も丈夫な方でバリバリ走っています。

 

働き方の形は時代背景やニーズとともに大きく変わっていきます。

 

我々、軽貨物配送業界の業務委託は定年後の第二の人生にも、若い企業家にも柔軟にフィットする環境です。

 

興味があれば、いつでも連絡下さい。

 

お問い合わせは年中無休

 

さて、本日も元気にまいりましょう。

 

株式会社T・K・S
本社
住所 〒275-0022 千葉県習志野市香澄3-3-12
電話番号 047-407-0120
FAX 047-407-0121
—————————————————
千葉営業所
住所 〒260-0822 千葉県千葉市中央区蘇我1-31-3
電話番号 043-268-3456
FAX 043-268-3466

—————————————————

横浜営業所

住所〒260-0044 神奈川市保土ヶ谷区仏向町13-1クレストⅡ202

電話番号045-442-7074

FAX 045-442-7084

TOP